何が有効?目的に合わせた浮気の証拠集めの方法

浮気の証拠写真

パートナーの浮気が怪しい時、真っ先に考えるのが証拠集めですよね。そこで注意したいのが、浮気の証拠には裁判で使えるものと使えないものがあるため、証拠を使う目的によって集める方法が異なるということです。

本ページでは、まず裁判で使える証拠と使えない証拠についてご説明したうえで、「浮気を認めさせるための証拠」と「慰謝料を請求するための証拠」に分けて証拠集めの方法をご紹介していきます。

裁判で使える証拠と使えない証拠

そもそもあなたはなぜ浮気の証拠集めがしたいのでしょうか。

パートナーに浮気を認めさせるためですか? それともパートナーに慰謝料を請求したうえで離婚したいからですか? 離婚はせずとも浮気相手に慰謝料を請求するというパターンも考えられますね。

何が言いたいかというと、浮気の証拠には裁判で使えるものと使えないものがあるので、証拠を使う目的によって集める方法が変わってくるということです。

裁判で使うためには「浮気相手と肉体関係があったという証拠」でなければいけません。

浮気を認めさせるための証拠

パートナーに浮気を認めさせればよいという方や、浮気があったという事実さえ確認できればよいという方は、以下に挙げるような方法で証拠集めをしてみてください。

ただし、パートナーや浮気相手に証拠集めをしていることがバレないように注意してくださいね。

LINEやメール、SNSのやり取りや通話履歴

浮気相手との間には必ず何らかの連絡手段があるはずなので、それを探ってみてください。よく使われるのはLINEやメール、SNSです。また、通話履歴もチェックしてみてください。

ただし、これらの連絡手段を探るにはパートナーの携帯電話やパソコンに触れる必要があるので、バレないように十分注意しましょう。

LINEから浮気の証拠を集める方法を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

LINEで浮気が発覚?証拠の押さえ方とその後について

インターネットの検索履歴や予測変換

インターネットの検索履歴や予測変換にも浮気の証拠が残されている可能性があります。

インターネットの検索履歴であればラブホテルやデートに使いそうな飲食店、異性へのプレゼント、出会い系などに関連する単語がないかチェックしましょう。

また、予測変換であれば以下のような単語がないかチェックしてみてください。

  • 愛してる
  • 会いたい
  • おやすみ
  • 寂しい
  • 好き
  • 大好き
  • 離婚
  • 別れる
  • ○○くん・○○ちゃん(人の名前)

浮気相手とのツーショット写真

携帯電話に浮気相手とのツーショット写真が残っているかもしれないので、写真フォルダなどをチェックしてみてください。異性とキスをしている写真や親密に寄り添っている写真があったら証拠として保存しておきましょう。

クレジットカードの明細やレシート、領収書

浮気の痕跡はクレジットカードの明細やレシート、領収書に隠されていることもあります。ラブホテルや飲食店、観光地、ブランドなどの名前が記載されていたら要注意です。

ラブホテルのレシートや領収書が見つかるケースはまれですが、クレジットカードの明細に載ってくることがあります。その場合はラブホテルの名前が直接載るのではなく、○○観光・○○興業・○○レジャーサービスなど、一見するとわかりにくい名前で載っていることが多いです。

いつもと違う怪しい名前を見つけたら調べてみてください。

また、意外と盲点なのが日付や場所です。残業や休日出勤、出張と言っていた日に全く別の場所に行っていたらそれは怪しいですよね。パートナーのスケジュールは覚えておくようにしましょう。

慰謝料を請求するための証拠

パートナーや浮気相手に慰謝料を請求するためには前述の通り、「浮気相手と肉体関係があったという証拠」が必要になります。

また、そのような不貞行為の証拠を持っていればパートナーから離婚を求められても拒否できるようになります。さらに、離婚協議や離婚調停においても非常に有利に進めることができます。

裁判をする気がなくても不貞行為の証拠を持っておいて損はありません。

浮気相手とラブホテルに出入りしている写真や動画

浮気相手とラブホテルに出入りしている写真や動画は不貞行為の証拠になり得ます。

ただし、ラブホテルに一度出入りしただけでは不貞行為とみなされない可能性が高いので、何度か(目安として3回以上)撮影する必要があります。さらに、ラブホテルに長時間(最低40分以上)滞在していたという証拠も必要です。

また、自分一人で行う場合、顔が知られている分尾行していることがバレやすいので十分に注意しなければなりません。一度でもバレてしまうと今後証拠集めをするのが難しくなってしまいます。

浮気相手の家に出入りしている写真や動画

浮気相手の家に出入りしている写真や動画も不貞行為の証拠になり得ますが、パソコンを修理しに行っただけだったり、ペットを見に行っただけだったりする可能性もあるので、ラブホテルと比べると不貞行為の証拠としてはやや弱いです。

よって、こちらは多めに(できれば5回以上)撮影しておきたいところです。

自分で集められそうにない時は

浮気相手と肉体関係があったという証拠を自分一人の力で集めるのは大変ですよね。

また、あまり深追いしすぎると相手にバレてしまい、警戒される可能性が高まります。ある程度証拠が集まったら探偵を頼ってみるのも一つの手だと思いますよ。

浮気相手と会っている日時がある程度絞れているのであれば費用を安く抑えることができます。

探偵さがしのタントくん」を使えば、全国の優良な探偵事務所の中から自分に合った探偵事務所を無料・匿名で診断してくれるのでおすすめです。約2分で簡単に探偵事務所を探せるので気軽に利用してみてくださいね。

まとめ

決定的な浮気の証拠はパートナーからの一方的な離婚請求を拒否できるだけでなく、離婚協議や離婚調停、離婚裁判などで大きな武器になります。

ただし、焦って証拠集めをしてしまうと相手にバレてしまう可能性が高まるので、先に証拠を使う目的を再確認してから証拠集めに取り掛かるようにしてくださいね。

トップへ戻る