LINEで浮気が発覚?証拠の押さえ方とその後について

充電中のスマートフォン

LINEは手軽にメッセージのやりとりができるので、浮気相手との連絡手段にもよく使われます。ふとしたきっかけでLINEの怪しいトーク履歴を見つけてしまったという方も多いのではないでしょうか。

実際に、芸能人の中にもLINEがきっかけで浮気が発覚したケースがよく見られますよね。

本ページでは、パートナーのLINEから浮気の証拠を押さえるまでの流れと、その後どうすべきかについてご紹介していきます。すでにLINEで怪しいやりとりを発見したという方も、まだこれからの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

既読をつけないようにする

まだパートナーが読んでいない未読メッセージを読んで既読をつけてしまうと、LINEをチェックしたことがバレてしまうので気をつけましょう。

バックグラウンドでLINEが起動している場合、LINEを開くといきなりトークルーム画面が表示され、既読をつけてしまうおそれがあります。

すでにLINEが起動している場合は一度終了させてから開くようにしてくださいね。

LINEの設定を確認する

パートナーがLINEで浮気相手と連絡をとっている場合、あなたにバレないようにLINEで何らかの設定をしている可能性が高いです。

以下にその例を挙げていますので、当てはまる項目がないかこっそりチェックしてみてください。当てはまる項目が多い場合は要注意です。

「パスコードロック」を確認

ここで言うパスコードロックとはスマホ起動時のロックではなく、LINE起動時のロックです。他人にLINEを一切見られたくない場合、設定画面の中の「プライバシー管理」からパスコードロックをかけることができます。

パートナーのLINEを起動するときにパスコードの入力画面が出るかどうか確認してみてください。

「通知オフ」を確認

LINEでは、LINE全体の通知をオフにしたり、特定の相手からの通知をオフにしたりすることができます。通知音がうるさい場合だけでなく、通知からメッセージ内容を見られたくない場合にも通知オフ機能が使われます。

LINE全体の通知設定は、設定画面の中の「通知」を開き、通知にチェックが付いているかどうかで確認ができます。

特定の相手からの通知設定は、トークリストの名前の横にアイコン(スピーカーに斜線を引いたアイコン)が付いているかどうかで確認ができます。

もしアイコンが付いていれば、その相手限定で通知をオフにしているということなので気をつけたほうがよいかもしれません。相手の名前やトーク履歴などを確認してみてください。

「表示名」を確認

LINEでは友だちの表示名を変更することができます。例えば浮気相手の名前を違う性別の適当な名前に変えることによって、カモフラージュすることができるのです。

しかし、表示名を変えても友だちリストからそのアカウントをタップすれば、表示名の下に本来の名前が小さく表示されます。

怪しいアカウントを見つけたら、表示名が変更されていないかどうか確かめてみてくださいね。

「非表示」を確認

LINEでは、友だちやトークを非表示にすることができます。

非表示にした友だちについては、設定画面の中の「友だち」から「非表示リスト」をタップすることで確認することができます。

しかし、非表示したトークについては非表示リストが存在しないため、非表示を解除して確認する必要があります。非表示にしたと思われるトーク相手のアカウントを友だちリストから開き、「トーク」をタップしましょう。その相手との最後のやりとりが表示されるはずです。

確認したら再び非表示にするのを忘れないようにしてくださいね。

証拠を押さえる

LINEをチェックして怪しいやりとりを発見したら、パートナーが言い逃れできないように証拠を押さえましょう。

LINEのバックアップ機能を使う

まずLINEのトークルームを開き、右上の「」をタップして「トーク設定」を開きます。すると「トーク履歴をバックアップ」という項目があるのでタップし、テキストでバックアップするかすべてバックアップするかを選びます。

テキストでバックアップしたデータはLINEを使わなくてもPCやスマホなどでテキストとして閲覧できるので、ここでは「テキストでバックアップ」を選びましょう。

あとはメールを使って自分のアドレスに送信しましょう。送信が終わったら送信済みメールの削除を忘れないようにしてくださいね。

自分のカメラで撮る

テキストだけでなく画像やスタンプも保存したい場合や手っ取り早く証拠を押さえたい場合は、自分のカメラでトーク履歴を撮ってしまいましょう。

トーク履歴の一部を保存したい場合は写真でも問題ありませんが、ある程度の長さでスクロールする必要がある場合は動画撮影がおすすめです。

その後どうすべきか

証拠を押さえたら、これからどうするかについて考えなくてはなりませんよね。

まず、トークの内容だけでは浮気かどうかわからない場合、問い詰める前に様子を見たほうがよいでしょう。例え異性であっても、ただ相談や食事をしているだけであれば問題がないケースも多いです。

次に、メッセージに愛情表現が見られる場合など、浮気をしている可能性が高い場合は次の行動をよく考える必要があります。この場合、次の行動の選択肢は主に以下の3通りかと思います。

  1. 見て見ぬふりをする
  2. 証拠を見せて問い詰める
  3. パートナーや浮気相手に慰謝料を請求する

見て見ぬふりをする

パートナーが浮気をしていても離婚したり別れたりする気があなたに無い場合、見て見ぬふりをするというのも1つの選択肢にはなるでしょう。

しかし、見て見ぬふりをするをするということは自分だけが我慢をし続けるということですし、何も言わないことで状況が悪化する可能性も高いので、あまりおすすめできません。

証拠を見せて問い詰める

証拠を見せて問い詰めることで、言い逃れできない状況にして浮気を認めさせ、今後の浮気をやめさせるという選択肢です。「今回は百歩譲って許すけど、今後浮気したら絶対許さない!」という意思表示が大切ですね。

ただし、「LINEを勝手にのぞき見した」という点について責められ、ケンカに発展してしまう可能性もあるので注意してください。

パートナーや浮気相手に慰謝料を請求する

パートナー(夫・妻)や浮気相手に慰謝料を請求する場合、LINEのトーク履歴だけでは証拠として弱いです。

慰謝料を請求するためには肉体関係があったという証拠が必要なので、探偵に依頼をするのがベストな選択肢となりますが、やはり探偵の依頼にかかる費用が気になってしまいますよね。

そんな時はLINEのトーク履歴から次の浮気日時を絞ることで、費用を安く抑えることができるかもしれませんよ。

また、「探偵さがしのタントくん」では、全国の優良な探偵事務所の中からあなたにピッタリの探偵事務所を無料・匿名で診断してくれます。約2分で自分に合った探偵事務所を探せるので気軽に利用してみてくださいね。

まとめ

LINEは手軽にメッセージのやりとりができる分、ボロが出やすいアプリでもあります。浮気相手との間には必ず何らかの連絡手段があるはずなので、その1つとしてLINEにも注目してみてくださいね。

LINEで浮気の証拠を押さえたら、自分がどうしたいのかをよく考えて慎重に次の行動に移しましょう。

トップへ戻る