遠距離恋愛中の浮気が心配!防止やチェックの方法は?

遠距離恋愛

遠距離恋愛中のパートナーがいらっしゃる皆さん、いかがお過ごしでしょうか。遠距離だと普段パートナーのそばにいられず、浮気をされるのではないかと心配になりますよね。

しかし、もし遠距離恋愛中の浮気を防止する方法や浮気をしていないかチェックする方法があれば、その心配も少しは和らぐと思いませんか?

そこで今回は、遠距離恋愛中の「浮気を防止する方法」と「浮気をチェックする方法」の2つについて分けて考えていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遠距離恋愛中の浮気を防止する方法

パートナーの浮気を疑わなくて済むように、浮気を未然に防ぐことはとても大切です。意識をしていれば簡単にできるものばかりですので、ぜひ実践してみてください。

毎日連絡をとる

なるべく毎日メールやLINE、電話などで連絡をとり、相手に自分とのつながりを感じてもらいましょう。

また、Skypeなどを使って顔を見ながら会話をすることもかなり効果的です。自分の存在をより強く相手に伝えることができますよ。

会えるときは会う

2人の距離にもよりますが、予定が合うならなるべく直接会って2人の時間を楽しむようにしましょう。実際に2人で会って愛情を確かめ合うことで、お互いにモヤモヤした気持ちが和らぐはずです。

これはお金や時間がかかってしまうのでなかなか難しいかもしれません。しかし、パートナーと会えない寂しさから浮気に走ってしまうケースもあります。

浮気をされずに遠距離恋愛を成功させるためにも、なるべく2人で会う機会を増やせるように努力してくださいね。

浮気をしていない自分をアピールする

あなたが相手の浮気を心配しているように、その相手もまた、あなたの浮気を心配しているはずです。あなたが浮気を疑われるようなことをすれば、相手は「ならば自分も浮気をしてしまえ」と考えてしまうかもしれません。

そうならないように、「私は浮気をしていませんよ」とさりげなくアピールして、相手を安心させてあげましょう。

遠距離恋愛中の浮気をチェックする方法

浮気をされていないか心配で夜も眠れないようなら、思い切って確かめてしまいましょう。

SNSを使って浮気をチェックする

離れていながらパートナーの浮気をチェックする方法は、SNSが最適です。FacebookやTwitter、LINEのタイムラインなどをこまめにチェックして、浮気相手の気配がないかどうか確かめましょう。

不定期で夜遅くに電話する

浮気をするとすれば仕事が終わって落ち着いた夜遅くである可能性が高いです。そのため、抜き打ちチェックのような形で夜遅くに電話をしてみるとよいでしょう。

急に電話が切れたり、電源が入っていない場合は要注意です。

相手の家に行って浮気の痕跡を探す

遠距離で一人暮らしをしているのであれば、浮気をしている場合、浮気相手を家に入れる可能性が高いです。パートナーの家に遊びに行った際に、浮気の痕跡がないかさりげなくチェックしてみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最も大切なのは「相手を思いやり、信じること」です。浮気が心配だからといって、詮索や束縛しすぎるのは逆効果なのでやめてくださいね。

トップへ戻る