単身赴任は浮気されやすい?防止や調査の方法を解説!

スーツ姿の男女

単身赴任中に夫に浮気されるケースは非常に多いと言われています。海外など遠くの地域へ赴任するためだったり、子供の進学のためだったり、やむを得ず単身赴任になる場合が多いかと思いますが、事前に浮気を防止できるならそうしたいですよね。

本ページでは、単身赴任中の浮気が多い理由を解説したうえで、単身赴任中の浮気を防止する方法や調査する方法をご紹介していきます。

これから夫に単身赴任の予定がある方だけでなく、すでに夫が単身赴任中の方もぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ単身赴任は浮気されやすいのか

そもそもなぜ単身赴任は浮気されやすいのでしょうか。もちろん浮気するかどうかは人によるのですが、家族暮らしから単身赴任になることで以前よりも浮気がしやすい環境になるのは間違いありません。

寂しくなるから

朝家を出るときに「いってらっしゃい」と言われたり、夜家に帰ってきた時に「おかえりなさい」と言われていたような男性は、急に一人になると自分を待ってくれている女性がいないことに寂しさを感じてしまうものです。

また、仕事終わりに一人で夕食を食べることに寂しさを感じ、同僚などを誘って一緒に夕食を食べるケースも多いようです。

男性は寂しさを埋めるために浮気に走ってしまう場合も多いということを忘れないようにしましょう。

開放的になるから

妻や子供の目を気にして自分にブレーキをかけていた男性は、単身赴任で一人暮らしになることで開放的になります。

人は開放的になるとついつい普段はしないような大胆な行動に出てしまうものです。

そうした心の隙やタイミングによって、普段は浮気を絶対にしないような男性でも浮気をしてしまう可能性は十分にあります。

浮気がバレにくいから

単身赴任によって家族と物理的に離れることで監視の目が届かなくなるわけですから、浮気は当然バレにくくなりますよね。

今までバレるのを恐れて浮気を我慢していた男性は、単身赴任という状況になることで浮気をしやすくなります。

誘われやすくなるから

単身赴任中の浮気相手は赴任先の職場の女性や水商売の女性などが多いと言われていますが、男性が単身赴任中だとわかると女性のほうから誘ってくるケースも多くなります。

特に割り切った関係を求めている女性はこの傾向が強いので注意するようにしましょう。

単身赴任中の浮気を防止する方法

では、単身赴任中の浮気を防止するにはどうしたらいいのでしょうか。少しでも浮気をされる可能性を減らすために、できることから始めていきましょう。

なるべく毎日連絡する

電話やLINE、Skypeなどを使ってなるべく毎日連絡を取ることで、男性に妻の存在を感じてもらうことは大切です。

文字だけのやり取りよりも電話、電話よりも顔が見えるビデオ通話のほうがより存在を感じてもらえるのでおすすめです。

また、定期的に妻から連絡が来ることがわかっていれば浮気もしづらくなるはずです。

定期的に会いに行く

単身赴任先との距離にもよりますが、週1回や月1回など頻度を決めてなるべく直接会うようにしましょう。直接会ってたっぷりと愛情を注いであげることで、男性はその日を楽しみに頑張ることができます。

浮気を防止するには二人のつながりや絆を深めるのが一番ですよ。

単身赴任中の浮気を調査する方法

すでに浮気をしているのではないかと疑っている方のために、単身赴任中の浮気を調査する方法をご紹介します。

抜き打ちで訪問する

中には浮気相手と半同棲状態になっているという男性もいるので、抜き打ちの訪問は効果的です。浮気相手の女性がいなかったとしても、浮気の痕跡が残っている場合があります。

ただし、抜き打ちで訪問することによって夫から「浮気を疑われているのではないか」と思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

部屋の掃除をする

「単身赴任中の浮気を防止する方法」でお話ししたように、単身赴任中の浮気を防止するためには定期的に会いに行くことが大切ですが、その際に部屋の掃除もしてあげるとよいでしょう。

掃除は相手を喜ばせるだけでなく、浮気の証拠発見にもつながる可能性があります。排水溝やごみ箱、冷蔵庫など、思わぬところに証拠が転がっているかもしれませんよ。

まとめ

単身赴任中の浮気を100%防止する方法というのは存在しません。単身赴任に送り出すからには多少のリスクを負わなければならないということです。

やむを得ない場合もあるでしょうが、絶対に浮気をされたくないという方は一緒についていく方法が本当にないのかどうかもう一度考えてみてくださいね。

トップへ戻る